トップページ診療のご案内オルソケラトロジー

診療のご案内

緑内障

オルソケラトロジーとは

特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズ”オルソケラトロジー”を用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正治療法のことです。
今までのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。
様々な近視屈折矯正法の中でも角膜を傷つけることなく非常に安全な方法で、近視と乱視を矯正することができる画期的な最新の近視屈折矯正療法として、世界的に注目を浴びています。

オルソケラトロジーの仕組み

通常、光は角膜と水晶体によって屈折され、網膜上に焦点を結んだ時に物がはっきりと見えます。
ところが、角膜の形状が変わったり眼球自体の大きさが通常よりも大きくなってしまうと、焦点は網膜上に結ばず、網膜よりも前に結んでしまい、物がぼやけて見えてしまいます。
この状態がいわゆる近視です。

オルソケラトロジーでは、それぞれの角膜に合った高酸素透過性ハードコンタクトレンズを就寝時に装用することにより、角膜の形状を平坦化させ、屈折力を変えて光を網膜上に結ばせる仕組みです。
この仕組みをコルセット効果といいます。弾力性のある角膜にコルセット効果のあるレンズを繰り返し装用することで近視を矯正します。


メリット
  • 就寝時に装用することにより、日中裸眼で生活できる
  • 可逆性(時間が経つと元にもどる)である
  • 近視の進行の抑制効果ありといわれている(特に18歳以下で効果あり)
  • 効果をすぐに実感できる
  • 手術に比べ、リスクが低い
デメリット
  • 適応度数範囲が狭い
  • 毎日、コンタクトレンズのケアが必要
  • 可逆性である=レンズをしないと元に戻ってしまう
  • ハードコンタクトレンズと同様のリスクが生じる
  • 定期検査が必要
  • レンズ耐久年数2年。
    長期的に考えると近視矯正手術に比べ不経済

適応患者
  • 年齢:7歳~
  • 度数: 近視…-6.0D以下
      乱視…-2.0D以下
      近視度数が-6.0D以下でも可能ですが、矯正効果は低くなります。
  • 度数が安定していて、矯正視力が1.0以上の方
  • オルソケラトロジーのメリット・デメリットをよく理解できる方
不適応患者
  • 円錐角膜(角膜が病的に凸型変形してくる疾患)の方
  • 角膜・その他眼科的疾患のある方
  • コンタクトレンズ不適切といわれた方
  • ドライアイ症状がある方眼にアレルギー症状を持つ方
  • その他(医者がオルソケラトロジー処方に不適切と判断した方)

 オルソケラトロジーご利用の流れ

  • 検査は完全予約制となります。(電話でも可能です)
  • 定期検査は医師の指示に従って受けて頂きます。(上記の定期検査は必ず受けて頂きます)
  • 年に1度は、眼底・眼圧検査を受けて頂きます。(保険適応)
  • レンズ装用によるトラブルの補点はありません。
  • FDA、日本の厚生労働省の認可を受けております。
  • まれに角結膜のトラブルが起きて、ある程度経過した後でもオルソケラトロジーをあきらめざるをえなくなる場合もあります。その場合、レンズ代金、診療費等の返金はできませんので、あらかじめご承知下さい。

オルソケラトロジー料金表  ※価格は税込の価格です

オルソケラトロジー料金
片眼:¥65,000
両眼:¥110,000

特殊レンズは1枚につき¥10,000増しになります。  近視度数 -4.25D以上

ケア用品 )¥3,400: 洗浄液・保存液 各¥300:スポイト・レンズケース
  ¥300 保湿剤(院内処方)・・・アイドロイチン3%

疾病などある場合、治療費は別途となります。(健康保険取り扱い)

※料金については予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承頂きますようお願い申し上げます。

一日お試しコース
  • 両目 ¥10,000
  • フィッティング・装用練習(5~6時間程度)
    実際にオルソケラトロジーを装用して矯正効果を試して頂きます。
事前(別日)に、眼科基礎検査・適否検査を受けて頂きます。(別途)
トライアル(レンズお渡し日から7日間)
  • レンズ1枚(片眼) ¥30,000 
    (フィッティング・装用練習の検査代は含まれます)
  • トライアル期間終了後、治療続行希望の際は残金をお支払いいただきます。
    眼疾患がある際の治療費は別途となります。
     (健康保険取り扱い)
    期間内の規格変更(度数変更)は2規格目まで無料になります。
    期間中、レンズに傷・破損・紛失があった場合
     別途1枚につき ¥55,000
     (特殊レンズは1枚につき¥10,000増し)

保障について

トライアル期間内

規格変更(度数変更) 2規格目まで無料

トライアル期間終了後(処方日以降) 

レンズ交換 1枚 ¥45,000(特殊レンズは1枚につき¥55,000)
破損・変形・紛失等で現在と同じレンズでの交換の場合はレンズ代金のみで。
度数変更等でレンズの規格が変更になる場合には、検査及び診療を行うので、レンズ代金のほかに検査・診察代がかかります。

保障は医師の指示に従って定期検査に来院している方のみになります。

指示に従わない方は上記の料金でのレンズ交換はできません。
再処方となるので、処方時と同額の料金になります。

更新(2年後)

優待更新¥55,000 一般更新¥65,000(特殊レンズの場合1枚¥10,000加算になります)

診療時間

外来のご案内を見る

アクセス

大きい地図を見る


pagetop

>